買ったばかりの石油ストーブの火がつかない

買ったばかりの石油ストーブの火がつかないのは、99%不良灯油を使用したため

作成日:

毎年必ず問い合わせがあるのが、石油ストーブの火がつかないってこと。

ごくまれに石油ストーブの初期不良があるが、ほとんどが不良灯油の使用によるタールの付着が原因で起こります。

でも、お客さんに聞くと皆同じように「買ったばかりの灯油を使った」といいます。

確かに、買ったばかりの灯油は問題ないが、入れ物が劣化していたり、屋外に灯油缶を置いていたりすると不良灯油になる可能性があるのです。

灯油缶の耐用年数は、正しく使えば約5年が目安です。

でも、屋外に灯油缶を置いていたりすると劣化も早くなります。
しかも温度差ができれば、結露ができ水が灯油の中に入り、不良灯油となります。

灯油缶の保管方法は、
直射日光(紫外線)を避けるためにも室内がベストです。物置など冷暗所に置いてもいいです。

どうしても室内に置けずベランダなどに置く場合は、必ず覆いをして直射日光を遮断するようにしましょう。

家電の選び方おまかせTOP > 家電に関するよくある質問 > 暖房器具 > 買ったばかりの石油ストーブの火がつかない

買ったばかりの石油ストーブの火がつかない 関連記事

エアコンから水が漏れる?

エアコンから水が漏れる?のイメージ画像
エアコンから水が漏れるって連絡があった。内容をよく聞いてみると室外機から水が漏れているとのこと。でもこれって故障じゃないんですよね。エアコンで夏の冷房運転すると、室内の暖かい空気が冷やされ、ドレインホースを通じて室外には排出されます。これはほとんどの人が知っています。夏は、室内機が...続く

セラミックヒーターや電気ストーブで省エネなのはどれ?

どの電気ストーブが電気代が安いってよく聞かれます。電気代の安い方は・・・答えは、セラミックヒーターも電気ストーブも同じワット数で温めれば、どちらも同じ電気代になります。電気代は、ワット数で決まるので同じワット数を使えばセラミックヒーターも電気ストーブも同じ電気代になるということ。...続く

コロナのファンヒーターとダイニチのファンヒーターの違いは?

当然のことながらファンヒーター売り場では、コロナのファンヒーターとダイニチのファンヒーターの違いは?って聞かれます。簡単に違いを言うとコロナのファンヒーターは省エネでダイニチのファンヒーターは着火が速いと言うことになります。コロナのファンヒーターが省エネということは電気代が抑えられ...続く

Top へ