電子レンジの選び方、使い方

電子レンジの選び方、使い方をお伝えします。

電子レンジのグリル機能とオーブン機能の違い

グリル機能とオーブン機能の違いを知って美味しい料理をつくりましょう。

グリル機能とは、

強い火力で食材の表面に焦げ目をつけたいときに使う機能で、焼き色や香ばしさを重視する場合に使います。主に焼き魚やグラタンなどに向いています。

オーブン機能とは、

食材を包み込むように加熱し中までしっかり火を通したい時に使う機能で、厚みのある食材に使います。主にローストチキン、ケーキ、クッキーなどに向いています。

ちなみに、食パンもグリル機能で焼けばいいと思いがちですが、庫内が大きめのオーブンレンジでは食パンはうまく焼けません。うまく焼けない理由は、庫内が大きすぎて食パンから水分が抜けるため上手く焼けないのです。食パンを焼くトースト機能がついたオーブンレンジもありますが時間がかかります。

なので食パンを焼きたいときは、オーブントースターを利用した方が早く焼けるのでオーブントースターで焼くことをおすすめします。

Top へ