建物火災の出火原因1位はコンロ

建物火災の出火原因1位はコンロで、間違った消化方法で被害が拡大している。

建物火災の出火原因1位はコンロ

建物火災の出火原因1位はコンロで、間違った消化方法で被害が拡大している。

建物火災の出火原因の1位は、コンロによる出火だそうです。

具体的には、天ぷら油火災です。

ちょっと目を離した瞬間に、天ぷら油が発火して火事になっています。
さらに、間違った消火方法が被害を大きくしているそうです。

消火するときは、消火器で火元の油を狙うと
高圧で消火剤が噴射されるので火の付いた油が飛び散り
被害が大きくなります。

天ぷら油が発火して消火器で消火する際は、
鍋のふちや壁が近い場合は壁に噴射することによって、
噴射の勢いを弱めることができ、油の飛びちりが無くなり消火することができます。

天ぷら油火災の消火で一番やってはいけないことは、
水による消火です。

発火している天ぷら油に水をかけると、
一瞬にして水は蒸発し、天ぷら油をまき散らして被害を拡大します。

絶対に発火している天ぷら油に水をかけることはやめましょう。

天ぷら油火災を簡単に消火できる
強化液タイプの消火器も発売されていますので、台所に備えておくといいでしょう。

もし、Siセンサーの付いていないガステーブルを使用している場合は
これを機に、Siセンサーの付いたガステーブルに買い換えることをおすすめします。

建物火災の出火原因1位はコンロ 関連記事

ガステーブルの設置サイズは、標準サイズ?団地サイズ?

ガステーブルを選ぶ最初のポイントは、設置サイズは何センチか?当然、ガステーブルの設置場所に、ガステーブルが入らないとどうにもならないからです。ガステーブルの設置サイズには、59センチの標準サイズと56センチのコンパクトサイズがあります。コンパクトサイズとは、昔の団地のサイズのことで...続く

ガスの種類はガス警報器の位置で見分ける

年配のお客さんでガスの種類が分からないって人がいます。ガスの種類は、都市ガス(12A・13A)とプロパンガスがあります。ガステーブルは、ガスの種類によって作られているので、使用しているガスの種類に合わせて選ぶ必要があります。なので、ガスの種類が分からないと、ガステーブルを選ぶことができ...続く

お客がコンロを選ぶ際に重視するポイントは?

お客がコンロを選ぶ際に重視するポイントは、掃除や手入れがしやすいか?火を扱うので安全か?操作は簡単か?などがコンロ選びの条件になっています。掃除や手入れがしやすいおすすめのコンロのポイントは3つ1.サッと拭けるごとく汚れが拭き取りづらいと面倒なので、ふきんがひっかりにくく、シ...続く

Top へ