エアコンは積極的に使おう

エアコンの仕組みを知れば安く電気代を抑え快適に過ごせる

エアコンのドライは電気代が一番安いの?

エアコンの冷房を入れるより、除湿の方が電気代が安くなるってホント?

エアコンの冷房とドライ(除湿)は、ドライの方が電気代が安いって思っている人いますよね。

正解!その通りですって言いたいんですけど・・・

実は、エアコンの年代によって除湿機能がちょっと違うので、年代や機種によってはそうとは言えないんです。

ドライ機能は、冷房のことだって前に話をしました。

除湿するにはエアコンの冷房機能を使うので、冷たい涼しい風がエアコンから出ます。夏にドライ機能を使うと涼しくていいんだけど、冬の結露対策などに使うと室温自体が高くないからエアコンから冷風が出ると寒いですよね。

そこでエアコンメーカーは、冷たい風を一旦温めてからエアコンから出すように工夫しているんです。だから寒くならないで除湿することができます。

と言うことは、冷たい風を一旦温めているから電気代が余分にかかるってことなんです。

つまり、昔のエアコンの除湿機能を使うと電気代がかかると言うことになります。

でも、最近のエアコンは、

エアコンの除湿の使い方

エアコンの除湿って一番弱い冷房のこと

エアコンのドライって、冷房のことだとおわかりいただけましたか?

では除湿はどんな使い方をするのか?

除湿をしたいときって、夏の暑い日だけではないですよね。冷房を入れると寒くなるので、冷房までは入れたくないけど除湿はしたいって時もありますよね。

そんな時に除湿を使います。

つまり、一番弱い冷房を入れているってことです。

本当に除湿をしたければ、冷房を入れた方が除湿はできます。

なぜ、ドライというのか?
ドライイコール除湿というイメージがあるので親しみやすい「ドライ」を使っているようです。

漢字で「除湿」と書いてあるメーカーもあります。

エアコンの冷房とドライの違い

エアコンの冷房とドライの違いは言い方の違い?

エアコンの冷房とドライの違いって知らない人多いですよね。

これって実は、どちらも冷房のことなんですよ。

そもそも空気は、暖かいと水分を多く含みます。

夏の暑い日に、冷房を入れると外にボタボタと水が出ていますよね。あれは空気中の水分が冷やされ、空気中にいられなくなり水となって排出されているんです。

冷房を入れると空気中の水分がなくなるので、除湿されると言うことなんです。

つまり、ドライって冷房機能のことなんです。
一番弱い冷房ってことですかね。

エアコンの冷房、暖房の簡単な仕組み

エアコンは、冷媒という物質を使って温度を上げ下げしている。

冷媒を使って室温を下げたり上げたありしているのがエアコン。

冷媒(れいばい)とは、温度を下げるために用いる熱媒体。液化しやすいアンモニア・フロンなどのガスのこと。

この冷媒に、圧力をかければ温度が上がり、圧力を下げれば温度が下がる。この性質を利用して室温を調節しているのがエアコンになる。

Top へ