ガステーブルの設置サイズは、標準サイズ?団地サイズ?

ガステーブルの設置サイズには、59センチの標準サイズと56センチのコンパクトサイズ(団地サイズ)がある。

家電の選び方おまかせTOP > ガスコンロの選び方 > ガステーブルコンロの選び方 > ガステーブルの設置サイズは、標準サイズ?団地サイズ?

ガステーブルの設置サイズは、標準サイズ?団地サイズ?

ガステーブルの設置サイズには、59センチの標準サイズと56センチのコンパクトサイズ(団地サイズ)がある。

ガステーブルを選ぶ最初のポイントは、設置サイズは何センチか?

当然、ガステーブルの設置場所に、
ガステーブルが入らないとどうにもならないからです。

ガステーブルの設置サイズには、
59センチの標準サイズと
56センチのコンパクトサイズがあります。

コンパクトサイズとは、昔の団地のサイズのことです。

ガステーブルの値段で言うと、
コンパクトサイズの方が安いです。

でも、60センチの設置スペースがあるならば
59センチの標準サイズのガステーブルがおすすめ。

その理由は、
コンロの位置が広がり、フライパンを2つ使った場合
フライパンとフライパンの距離が広がって使いやすくなる為です。

ガステーブルの設置サイズは、標準サイズ?団地サイズ? 関連記事

ガスの種類はガス警報器の位置で見分ける

年配のお客さんでガスの種類が分からないって人がいます。ガスの種類は、都市ガス(12A・13A)とプロパンガスがあります。ガステーブルは、ガスの種類によって作られているので、使用しているガスの種類に合わせて選ぶ必要があります。なので、ガスの種類が分からないと、ガステーブルを選ぶことができ...続く

お客がコンロを選ぶ際に重視するポイントは?

お客がコンロを選ぶ際に重視するポイントは、掃除や手入れがしやすいか?火を扱うので安全か?操作は簡単か?などがコンロ選びの条件になっています。掃除や手入れがしやすいおすすめのコンロのポイントは3つ1.サッと拭けるごとく汚れが拭き取りづらいと面倒なので、ふきんがひっかりにくく、シ...続く

建物火災の出火原因1位はコンロ

建物火災の出火原因の1位は、コンロによる出火だそうです。具体的には、天ぷら油火災です。ちょっと目を離した瞬間に、天ぷら油が発火して火事になっています。さらに、間違った消火方法が被害を大きくしているそうです。消火するときは、消火器で火元の油を狙うと高圧で消火剤が噴射されるので火の付いた...続く

Top へ